院内設備

菊池眼科の院内のご案内です。様々な症状にあわせて、検査・治療を行っております。
最新の機器により、白内障・緑内障・糖尿病網膜症などの検査、診断を行います。さまざまな治療や手術に万全の体制で対応いたします。

光学的眼軸長測定装置

目の長さ(眼軸長)を測定します。超音波と異なり、患者様の目に接触することなく短時間で測定することができます。
白内障手術に用いる最適な眼内レンズの度数を算出できます。

ノンコンタクト トノメーター(眼圧検査)

眼圧(眼の堅さ)を測定します。
目に空気を当てて測定する機器です。
緑内障の早期発見、治療に必要な機械です。

ハンフリー視野計(視野検査)

眼が見える範囲 ( 視野 ) の明確な診断を行います。
視野の欠損(見えない範囲)の有無や範囲から、緑内障の進行の具合を測定します。

OCT(光干渉断層計)

黄斑や視神経乳頭など網膜の断層検査(眼底三次元画像解析)をする装置です。緑内障、加齢黄斑変性などの診断、治療に役立ち、経過観察を効果的に行う事が出来ます。

角膜内皮細胞検査

角膜内皮細胞は角膜の最内側にあります。角膜が酸素不足になっ た場合に細胞が減少してきます。角膜内皮細胞が少ないと白内障 手術が受けられなかったりコンタクトレンズが装用できない事が あります。

コンタクト室

菊池眼科のブログ

アーカイブ

ページ上部へ戻る