白内障

白内障とは

水晶体は眼の中でレンズの役割をする組織です。水晶体がにごると光が十分に通らなくなります。

原因と症状

もやがかかって見える、明るいところで眩しいなどの症状が現れ、見えづらくなります。

治療

白内障は主に手術によって治療を行います。
小さな切開からにごった水晶体を砕いて取り出し、人工の水晶体である眼内レンズを挿入します。

遠近両用眼内レンズ

遠近両用眼内レンズについてはこちらをご参照ください。

菊池眼科のブログ

アーカイブ

ページ上部へ戻る