遠近両用眼内レンズ

眼内レンズ

単焦点:ピントが合う距離が一つ

ピントを合わせる調節力がないため、遠くにピントを合わせると近くが、近くにピントを合わせると遠くが見えなくなります。ピントが合わない距離を見るためには眼鏡が必要です。

見える範囲

狭い:手元から遠くまでのある1点のみよく見える

見える質

良い:ピントが合う1点はとてもよい

眼内レンズ

多焦点:ピントが合う距離が複数

手元から遠くまでピントが合うため、眼鏡に依存する頻度を減らすことができます。
ただし、眼鏡をかけた方が楽に見える場合もあります。

見える範囲

広い:手元から遠くまで見える

見える質

おおむね良い:ピントがすこしあまい

先進医療とは?

白内障の治療法として「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」が厚生労働省より先進医療技術として認められている手術方法です。

※先進医療の技術料は民間の生命保険先進医療特約対象となるので、患者様の加入されている契約内容によっては実質無料となる場合があります。

一般の生命保険”先進医療特約”の対象

通常の眼内レンズを使用した白内障手術は、健康保険がききますのでおおよその自己負担は1割の方で片眼約13,000円、3割の方で約40,000円です。しかし遠近両用眼内レンズ(多焦点眼内レンズ)を使用した手術は健康保険が使えないうえに、眼内レンズ自体の価格が高価なため、現在片眼40万円で行っています。

 

白内障

白内障についてはこちらをご参照ください。

菊池眼科のブログ

アーカイブ

ページ上部へ戻る